アメリカ映画のカーアクション

新型のマスタングが2014年の秋から北米での販売が予定されています。

マスタングの販売は従来は北米が中心で、輸出は日本やフィリピン等へ少数が出されていた程度でした。

しかし、新型のマスタングは世界的に売り出す計画が有ると言います。

そんな訳で、世界のマーケットでの戦闘力を持たせるべく改良されたようですね。

まず、リヤサスペンションが独立懸架になりました。

現行型まで未だにリジットサスペンションだった事に少々驚きましたよ。

白煙を上げながら派手に後輪を滑らせる!アメリカ映画のカーアクションの秘密はここに有ったのか!違う?

右ハンドルも生産されますから、日本やオーストラリア、イギリス向けでしょう。ヨーロッパにも輸出するそうです。

エンジンですよ。三種類用意されるそうです。

アメ車ですからね、豪快なV8 5リッターですよ!やっぱマスタングだよなぁ。

V6 3.7リッターもあります。標準モデルですね。でも300馬力もある。

そして注目は!

直列4気筒 2.3リッターターボですよ。

思わず…シルビアかよ!と突っ込んでしまいました。

いやいや…しかし馬力は305馬力、トルクは41.5キロも有って、V6とほぼ同等の性能。

あの長いフロントノーズに直4かぁ?ちょっと笑えますね。

しかしエンジンの重量はかなり軽いと思われますし、車重の前後バランスも良くなってハンドリング性能はV8やV6モデルより良い可能性が大ですね。

やっぱり、でっかいシルビアみたいな車になるのではと思いました。。

案外貴重なクラスですよね。

アメリカンマッスルカーっぽくは無いけど…何だか良い感じに思えてきたぞ。

奈良 風俗